==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


アクセサリー /  ファッション /  キッチン /  スポーツ /  時計 /  ジャケット /  ブーツ / 
文具 /  各種ブランドの紹介 /  カバン・バッグ /  ユニクロ /  アバハウス /  キャサリンハムネット /  補修・基礎 下着 / 
レベッカ テイラー /  MZウォレス /  ケイト スペード /  スワロフスキー /  プレッジ /  雨具 /  スポーツ関係 / 

アシックス トップインパクトライン



◆ブランドの『 アシックス トップインパクトライン 』を紹介します。◆

アシックス トップインパクトライン

北京オリンピックで北島康介選手も金メダル連覇を賭けて、一秒でも早く泳ぎたいという意味で、水着の存在は欠かせない条件です。
オリンピック予選会で、スピード社の水着を試着したところ、練習着着用時に比べて25メートルで0.5秒前後速いタイムが出たのだというのです。
水着の効果が無視できない状況が出たのです。
しかし、日本水泳連盟が国内メーカー3社と契約しているため、日本代表選手は着用できない。
「このままではオリンピックでは勝てない」という関係者からの声も上がるほどでした。
国内メーカーも、必死に技術開発を行いました。
水中での抵抗を軽減するため、身体を一本の棒のような姿勢で進むのが理想です。
開発の切っ掛けは、泳ぐことが苦手な人のフォームの研究でした。
腰の沈みが原因の一つでした。
そこで、研究を重ね、骨盤を安定させることによって、腰が沈みにくくなる水着が開発されました。
このトップインパクトラインは、世界記録を樹立する競技者が着用するだけではなく、「水泳を楽しみたい、水泳に挑戦してみたい」という方々にも、愛用して欲しいものです。
幅広い人に使って欲しい水着なのです。
水泳の普及活動にもつながりますね。
そこから、新たな挑戦者も生まれてくるかもしれないのです。
アシックストップインパクトラインは、実は、水着だけには限定されていないようです。
実際、アシックス「TOP iMPACT LINE」として開発された動きやすい軽量のサッカー用ユニホームも発売されています。
サッカーカテゴリーでは新しい展開となります。
どのスポーツにおいても、腰は軸となるものです。
安定した姿勢からは、良いフォームが固定され、色んな記録も期待できそうです。
陸上用には、ランニングシャツやランニングパンツ、バレーボール用には、ゲームシャツやパンツ等も出されています。
いずれも、骨盤が安定するという結果が出ているようです。




posted by ぶら・んど at 21:28 | スポーツ関係

アリーナ デサント シン_レボリューション



◆ブランドの『 アリーナ デサント シン_レボリューション 』を紹介します。◆

アリーナ デサント シン_レボリューション

アリーナはデサントのブランドですが、シン_レボリューション(shin_rev)という新しい競泳用水着が2008年(平成20年)4月に株式会社デサント(http://www.descente.co.jp/)から『アリーナ(arena)』ブランドで発売されました。
『アリーナ(arena)』は2004年のアテネオリンピックの800m自由形の金メダリストである柴田亜衣選手が愛用するブランドで、『シン_レボリューション(shin_rev)』はその『アリーナ(arena)』ブランドの新作。
従来の『アリーナ(arena)』ブランドの競泳用水着と比べ、1.9倍の摩擦力で肌に密着し、筋肉をサポートする新開発のハイパワー素材やパターンを採用することでカラダの芯(体幹)をしっかりとサポートし、着用状態の水中抵抗をトータルで従来比3%も低減されています。
2008年(平成20年)の北京オリンピックでは、英国SPEED社の新型水着『レーザー・レーサー(LR)』が話題になりましたが、柴田亜衣選手は締め付けが厳しく、体型に合わず、着用にも時間がかかるとのことで一時は『SPEEDは着ない』と言っていたものの、北京オリンピックでは『レーザー・レーサー(LR)』を着用し、800m自由形の予選で35人中27位に終わってしまいました。
比較のために『レーザー・レーサー(LR)』を着用し、出場したジャパンオープンのレース後には、『アリーナ(arena)の方が泳ぎやすい』と語っていたというエピソードもあります。


posted by ぶら・んど at 21:26 | スポーツ関係

ミズノ アクセルスーツ ウォータージーン



◆ブランドの『 ミズノ アクセルスーツ ウォータージーン 』を紹介します。◆

ミズノ アクセルスーツ ウォータージーン

2008年の北京オリンピックは、いろんな意味で注目されました。
その一つに水泳競技用の水着があります。
英国スピード社のレーザーレーサーです。
国内の水泳大会で着用し、多くの水泳選手が驚異的なタイムを記録したため、北京オリンピックでの使用が許可されました。
トップクラスの水泳選手は、ほとんどレーザーレーサーを使用していて、世界記録やオリンピック記録が相次いだことは記憶に新しいところです。
水との摩擦を低減し、水になじむ繊維で作られたマーリンコンプを素材としているのが、アクセルスーツ ウォータージーンです。
アクセルスーツ ウォータージーンは、特徴の異なる2種類のマーリンコンプを最適な位置に使用して、水泳競技に貢献します。
またミズノ独自のヴァーチャルボディデザインで、動きやすくフィット性のある競技用水着を実現しています。
このためアクセルスーツ ウォータージーンは、一般的に使用する水着に比べて、密着感や圧迫感が強くなっていますので、着用には注意を要します。
ミズノ アクセルスーツ「WATER GENE」の種類は、メンズのロングスパッツとハーフスパッツ、ウィメンズのロングスーツとハーフスーツがあります。
またサイズは、メンズ・ウィメンズとも、SS・S・M・L・Oが揃っています。
水泳平泳ぎの金メダリストである北島康介選手は、「何より泳ぎやすさがすごい。
今までの水着と着用感が全然違います。
」と、アクセルスーツ ウォータージーンの使用感をコメントしています。


posted by ぶら・んど at 21:25 | スポーツ関係

コンプレッションウエア



◆ブランドの『 コンプレッションウエア 』を紹介します。◆

コンプレッションウエア

コンプレッションウエアはスポーツをする人を中心に広がりを見せています。
その中の一つでスキンズ(Skins)というテクニカルコンプレッションアンダーウエアと呼ばれるウェアがあります。
スポーツ医学が進んでいるといわれるオーストラリアで作られており、世界のアスリート関係者から注目されています。
その結果として回復時間の短縮と筋肉痛の軽減を体感できるということです。
もう一つの2XUというコンプレッションウェアがありますが、これもskinsと同様にメーカーが一日中着用してみることを推奨しています。
血液の循環が良くなることによって睡眠時にも使用できるということだそうです。
実際の着用した感覚は身体にフィットして心地がいいという感じで脚も軽く動くのでとても楽な感覚を体験することができるようになっています。
もう少し締め付けの強いコンプレッションウェアに、CW-Xと4DMというウェアがありますが、これは膝が弱いとか足腰があまり強くない人向けで、素早い動きを重視するスポーツをする人には、skinsや2XUの方が向いているといえるのではないでしょうか。
その証拠に、この二つのコンプレッションウエアは、バイクやトライアスロンのアスリートにとって、メジャーなブランドとして捕らえられています。


posted by ぶら・んど at 21:24 | スポーツ関係
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。