==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


アクセサリー /  ファッション /  キッチン /  スポーツ /  時計 /  ジャケット /  ブーツ / 
文具 /  各種ブランドの紹介 /  カバン・バッグ /  ユニクロ /  アバハウス /  キャサリンハムネット /  補修・基礎 下着 / 
レベッカ テイラー /  MZウォレス /  ケイト スペード /  スワロフスキー /  プレッジ /  雨具 /  スポーツ関係 / 

プレッジ ジャケット



◆ブランドの『 プレッジ ジャケット 』を紹介します。◆

プレッジ ジャケット

プレッジ(PLEDGE)の直営店が代官山(東京・渋谷区)に2005年にオープンしました。
2002年に設立された男性ファッション・ブランドで、高田昌哉氏と三浦秀教氏によって設立。
PLEDGEの名は、フレードリッビ デュレンマットという小説から由来されたとのこと。
プレッジ(PLEDGE)は、若者の男性から人気に火が付き、あらゆる年代でも着こなせるデザインを考案し、30代〜40代にも広がりつつあります。
独特なスリムのシルエットで、モデルごとに素材にさまざまな加工がほどこされ、ユニークさを強調しており、飽きの来ないデザインばかりです。
通販で今最も人気のあるメンズ・ファッション・ブランドでもあります。
中古(古着)を扱っている店舗、又は通販ショップもあります。
オークションでも人気があり、中古ファッション・アイテム稀に新品(新作)も取引されています。
木村拓哉(キムタク)がレーシング・ダウンジャケットを着用したことも人気に拍車を掛けました。

pledge直営店
東京都渋谷区鶯谷町1-5
TEL : 03-5459-4600
11:00-19:00 11:00-20:00
日祝不定休

今、販売中のプレッジジャケット・GILLEY JACKET バックサテン地を使用したミリタリーブルゾン。
ヴィンテージ感漂う本格仕様。
野暮ったくならないPledgeらしいタイトなシルエット\42,000 (税込) ミリタリージャケットでサイズ 46, 48, 50の3サイズ 素材 コットン100% ・LATINO JACKET -COTTON- 刺繍、タックが配されたキューバシャツ風のデザインが新しいメキシカンジャケット。
上質なコットン素材を使用したテーラードジャケットライクな1枚です。
襟はピークドタイプ。
Pledgeらしいタイトなサイジングがポイント。
\66,150 (税込) サイズ 46, 48
素材 表地: コットン100%,
裏地: キュプラ60%, ポリエステル40% ・VAQUERO JACKET 硫化染めのコーデュロイを使用したジャケット。
ヌバックのパイピングを使用したレトロなデザイン
\23,100 (税込) サイズ 46, 48, 50
素材 SHELL: コットン85%, ポリエステル15%, LINING: コットン100% ・RANCHER JACKET ヒッコリー素材を使用したボアブルゾン。
裏地は総ボア仕様
\35,700 (税込) サイズ 46, 48, 50
素材 コットン100%,
裏地: ポリエステル70%, アクリル27%




posted by ぶら・んど at 11:47 | プレッジ

プレッジ ブーツ



◆ブランドの『 プレッジ ブーツ 』を紹介します。◆

プレッジ ブーツ


プレッジのブーツは、スウェード素材を使用して作られており、履きこんでいくほどに、その風合いが出てくるブーツで非常に人気があります。
サイドにジップが付いていますので脱いだり履いたりしやすいのが便利です。

ヒップホップやロックのイメージをやわらかく演出していて、デザインもシンプルにまとめてあるので他の服とのコーディネイトがしやすいといわれています。

新作三浦ファクトタムラウンジプレッジ07AWブーツは発表したと同時に人気が沸騰して品薄状態だそうです。
ネット上で高値で取引しているケースもあるようですね。
素材感の良いレザーに綺麗なウエスタン調のシルエットがなかなかの魅力です。
ストラップが付いており調節が可能になっていて、さらに上を折り曲げると2タイプで履くことができます。
どんなものにでも合わせやすいとの声もあり、ブーツを履く季節には活躍すること間違いないアイテムとなっています。
また、プレッジのブーツについているストラップやジップを操作するのデニムの裾が邪魔に成ることがあると思いますが、プレッジのデニムには裾のサイドが開閉できるジップストレッチデニムというアイテムがあります。

このデニムと合わせてコーディネイトすればスタイリッシュで便利ですね。
このようにプレッジに限らずペコスブーツは人気があります。
ペコスブーツはワークブーツの中でもとても履きやすいと評判で、さまざまなタイプのファッションに合わせることができますからとても人気のブーツとなっています。

紐タイプのワークブーツに比べて、いちいち紐を締めたり解いたりする必要がありませんから、ブーツを1日に何回も履いたり脱いだりする方にとって最適なブーツではないでしょうか。



posted by ぶら・んど at 11:44 | プレッジ

プレッジ デニム



◆ブランドの『 プレッジ デニム 』を紹介します。◆

プレッジ デニム


プレッジのデニムはカジュアルなファッションを意識する人たちにとって必須アイテムといっても過言ではないでしょう。
プレッジオリジナルのスタイルでありながら、着こなしはもちろんのこと着心地も最高で人気のアイテムです。

数あるプレッジのアイテムの中でもデニムは一番人気なのではないでしょうか。

生地が裂けてしまったような使い込まれてボロボロになったようなイメージを演出している作りは、自分だけのオリジナルな感覚を大切にしている人たちから絶大な支持を得ています。

プレッジの特徴の一つで、アメリカの古着のようなライダーファッションをモチーフとしたアイテムが2006年に発表した90年代のシアトルシーンをイメージしたデニムです。
このようにプレッジは一つ一つを作品のような感覚で製作しておりジーンズ(デニム)ごとにテーマがあるというところが大きな特徴といえるのではないでしょうか。
また、デニムに合わせるためのジャケットなども非常に人気があるようで、ヤフオクなどのオークションサイトでは高値で落札されているものも多いようです。

俳優の妻夫木聡さんが着用してたこともあるカート期のクラッシュデニムは、現在でもオークションを通じて高値で取引されている人気アイテムの定番となっています。
デニムではありませんが、SMAPの木村拓哉さんなどの有名人がネルシャツを愛用していることが知れ渡り、人気があがったようです。

スリムなイメージをモチーフとして独自のシルエットを持つプレッジのデニムは、そのモデル別に素材加工を変更して個性やユニークさを表現しています。
妙な派手さがないので飽きがこないところが優れている証拠です。
スリムな外見から想像するほどきつい着心地ではないのは、ストレッチ素材が併用されているために伸縮性があるからです。
もちろんストレッチなしのデニムもあるのでご自分の体型に合わせて選ぶことができます。


posted by ぶら・んど at 00:58 | プレッジ

プレッジ



◆ブランドの『 プレッジ 』を紹介します。◆

プレッジ


プレッジ(Pledge)という若い男性の人たちに人気のブランドをご存知でしょうか?といってもファッションだから若い人だけというわけではなく大人の男性にも人気があるようです。
ブランドが確立されていると、値段も高いのではないかと敬遠する人も多いかと思います。
もちろんバーゲン品みたいに安いということはありませんが、世の中で言われている一流ブランドと比較してみると、リーズナブルな納得できる価格設定となっているようです。

男性的なイメージをデザインして作られていますが、昔からの硬派なスタイルとは一線を画すというところがスマートです。
そういったところが幅広い男性の層から支持されているのではないでしょうか。
ブランド名の起源といいますか由来は小説のフレードリッビ デュレンマットだそうです。

テーマはリアルストリートということなんですが、リアルストリートとはBMXを使用して市街のいたるところに存在する物や障害物に対して挑戦する思想とファッションの要素が含まれた、遊び心のあるスポーツといえるのではないでしょうか。

自分自身のの楽しみのための遊びですから、正確にはスポーツとはいえないかも知れませんね。

階段10段を気合ジャンプ(ギャップ)、長い手すりにペグ(車軸から突き出ている棒状のもの:二人乗り用ではないです)を引っ掛けてグラインド(ペグ・グラインド)、垂直の壁の面を勢いと気合で走る(ウォールライド)などは、フリースタイルの中では最も危険な部類に入るでしょう。

後は、映画や音楽、古着やミリタリーファッションからもヒントを得て、服にその要素を盛り込んでいるそうです。
どんな人がデザインしているかといいますと、Pledge(プレッジ)のデザイナーは、三浦秀教氏という才能あふれる人です。

三浦秀教氏について、そのさわりの部分を紹介します。

Pledge(プレッジ)のデザイナーである三浦秀教氏は、1972年(昭和47年)東京出身です。
BEAMSショップのアルバイト店員をしていたという経緯があります。

その後超人気ブランドのNUMBER (N)INEのプレスを経験します。
そういった経験を経て、2002年7月、友人である高田昌哉氏と、プレッジを立ち上げたんですね。
ヒップホップ系やストリートを意識しすぎない独自のスタンスでイメージを大切にした服作りを守り続けていて、多くのファンを持ち人気を得ています。
そのポリシーカラーは黒を基調とした男性的なアイテムがメインとなっています。


posted by ぶら・んど at 00:33 | プレッジ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。