==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


アクセサリー /  ファッション /  キッチン /  スポーツ /  時計 /  ジャケット /  ブーツ / 
文具 /  各種ブランドの紹介 /  カバン・バッグ /  ユニクロ /  アバハウス /  キャサリンハムネット /  補修・基礎 下着 / 
レベッカ テイラー /  MZウォレス /  ケイト スペード /  スワロフスキー /  プレッジ /  雨具 /  スポーツ関係 / 

ユニクロ 創業と成長



◆ブランドの『 ユニクロ 創業と成長 』を紹介します。◆

ユニクロ 創業と成長


ユニクロ 創業

ユニクロの歴史は、1949年に現在のファーストリテイリング会長である柳井正氏が、山口県宇部市の「メンズショップ小郡商事」を創業したことから始まります。個人経営であった「メンズショップ小郡商事」は1963年に法人化し、「小群商事株式会社」を設立しました。

1984年に小郡商事は広島市に「ユニーク・クロージング・ウエアハウス」を出店しました。これがユニクロの第一号店です。同年、柳井氏は代表取締役社長に就任しました。
そして次の年1985年には後のユニクロ店舗の原型となるロードサイド店を山口県下関市に出店しました。

1991年には商号を「小郡商事株式会社」から「株式会社ファーストリテイリング」に変更しました。現在、世界に知られるファーストリテイリングの商号はここから始まったのです。

1998年にはユニクロの1900円フリースが200万着の販売を記録し大ブーム引き起こしました。

そして1999年には東京証券取引所第一部銘柄に指定されました。
ユニクロ創業から現在の地位を築くまでには、経営の多角化に着手して失敗したり、売上低迷が続く時期がありましたが、現在では日本だけでなく世界ブランドとして注目を集めています。


ユニクロの成長

1984年に広島市の一号店から始まったユニクロは、新たな経営方式や高収益体制、新しい企画の打ち出しなどにより、目覚しい成長を遂げてきました。

ユニクロを経営しているファーストリテイリングは、2000年にインターネットによる通信販売を開始しました。購入者の利便性を考慮したこの販売方法は、開始以降着実に売上を伸ばし、今後もますます成長が見込まれています。

2003年にはカシミヤ、浴衣への参入、2004年には水着への参入など、ユニクロの扱う商品はカジュアル衣料には留まらず他分野に渡っています。また紳士衣料からスタートしたユニクロは、今では若者からキッズ、ベビーまで幅広い年代の商品を扱っています。
ユニクロは現在もまだ成長を続けており、今後が期待されています






posted by ぶら・んど at 21:34 | ユニクロ

ユニクロ オンラインショップとスキニー



◆ブランドの『 ユニクロ オンラインショップとスキニー 』を紹介します。◆

ユニクロ オンラインショップとスキニー


ユニクロ オンラインショップ

ユニクロは2000年10月よりインターネットによるオンラインショップを開始しました。

オンラインショップは、店舗による販売に加えて新しい販売ルートの開拓するため、また購入者の利便性をより高めることなどを目的に始まりました。

ユニクロのオンラインショップの特色は店舗で扱っていない商品を購入することが出来るという点です。期間限定価格やまとめ買いなど、店舗以上の特典がつくこともあることも魅力の一つです。

2002年8月からはXXL、XS、キッズの160センチの特別サイズの商品が扱われるようになりました。これはオンラインショップのみの販売ですが、オンラインサイトの中で利用者より寄せられた要望に応えるために開発されたものです。

オンラインショップはユニクロと利用者をより密接につなぎ、よりよい商品を提供する手段として今後ますます期待されています。


ユニクロ スキニー

近年、若者の間ではスキニージーンズが流行しています。スキニージーンズとは日本語で「やせこけた、骨と皮ばかり」という意味があり、その言葉どおり下半身にピッタリとフィットしたタイトシルエットの細身ジーンズのことをいいます。タイトシルエットによって足やお尻の形が強調されるパンツで、多く商品はストレッチ素材で作られています。

日本で大流行となったきっかけは、世界的セレブであるケイト・モスや、シエナ・ミラーが履いていたことからでした。その後様々なファッション雑誌で取り上げられ、若者を中心に注目を集めました。

その一つは低価格であることです。スキニージーンズのようなトレンドアイテムは、トレンドの終わりが予測できないため、多くの人は高価な商品を購入することに抵抗を感じます。その点ユニクロの低価格な商品なら気軽に試すことができます。

また、低価格のわりにシルエットがよく、スキニーに似合うトップスも合わせて開発されており、コーディネートがしやすい点も魅力です。

スキニージーンズは履き慣れるまで着こなしが難しいと思われがちですが、実際には着こなし次第で足を細く長く見せる効果があります。

ユニクロでは新たなスキニージーンズを次々に発売しており、今後の商品にますます期待が集まっています。


posted by ぶら・んど at 21:25 | ユニクロ

ユニクロ リサイクル活動とガンダムプロジェクト



◆ブランドの『 ユニクロ リサイクル活動とガンダムプロジェクト 』を紹介します。◆

ユニクロ リサイクル活動とガンダムプロジェクト


ユニクロ リサイクル活動

近年、環境問題が特に深刻になっています。カジュアルブランドとして幅広い年代に支持を集めるユニクロも、環境への取り組みを行っています。

ユニクロがまず目をつけたものは、最大のヒット商品であるフリースとゴミ問題でした。
今は昔に比べてゴミの量が増え、種類や処分方法も多様化しています。可燃ゴミは焼却され、不燃ゴミは埋め立てられます。ユニクロが販売した数多くのフリースの行く末は埋め立てでした。

そして2006年9月からは全商品のリサイクル活動が行われています。

現在、回収されたフリースはエネルギー源として利用される他、途上国難民キャンプへの寄付、断熱材などの原料に再生するなどの方法でリサイクルされています。

こういったリサイクル活動は単にゴミ問題だけでなく、石油、石炭などの化石燃料の消費削減、焼却時のCO2排出量の削減にもつながっています。

近年、国や業界ではさまざまなリサイクルシステムの研究がされていますが、いち早く商品のリサイクル活動に取り組んだユニクロは、社会に貢献する企業として今後が期待されています。


ユニクロ ガンダムプロジェクト

2008年春にユニクロの「ガンダムプロジェクト」が話題となりました。

この企画はカジュアルブランドであるユニクロと、人気キャラクター商品を手がけるバンダイとのコラボレート企画です。

これまでのユニクロとバンダイとのコラボレート企画としては、2005年の「ドラえもん」、2006年の「たまごっち」があり、中には先行販売に行列ができるほど話題を集めたものもありました。

この人気を支えているのは1980年代に小中学生だった30代から40代の男性達だと考えられます。そして近年再びアニメの放送が始まったことで小中学生にも人気が浸透しています。

ユニクロはこの幅広い年代の支持を集めるガンダムに目をつけました。

メンズ向けのTシャツには初代の「機動戦士ガンダム」のモデルにデザインされ、キッズ向けのTシャツには現在テレビで放送中の「機動戦士ガンダムOO」をモデルにデザインされています。

この「ガンダムプロジェクト」はこれまでの企画と同様に、ユニクロとバンダイがそれぞれの強みを生かした企画となりました。今後もさまざまな企画で楽しませてくれることが期待されます。




posted by ぶら・んど at 21:21 | ユニクロ

ユニクロ 銀座店と原宿店



◆ブランドの『 ユニクロ 銀座店と原宿店 』を紹介します。◆

ユニクロ 銀座店と原宿店


ユニクロ 銀座店

ユニクロは創業以来、次々と店舗数を増やしてきました。中でも2005年10月に旗艦店として出店された銀座店は、現在も注目を集めている店舗です。

銀座といえば高級ブランド店や高級ビルが建ち並ぶ街です。ユニクロは低価格、普段着のイメージが定着しており、出店当初、そのギャップに違和感を覚えた人は多かったようです。

ユニクロ銀座店は一部銀座店の特別商品があるものの、基本的に他の店舗と同じ商品が同じ価格で提供されています。

商品の幅も広く、デニムなどの種類も豊富で必ず欲しいものがみつかる品揃えです。
キッズ商品や女性インナー、アクセサリーも充実し、ファブリックアイテムも揃えられています。

ユニクロはこの銀座店の利用者が、これまでのユニクロでは味わえなかった銀座ならではの高揚感を味わうことを一つの狙いとしています。

その狙い通り、現在の銀座店は幅広い年代の人が訪れ、高級ブランドに劣らない店の雰囲気と、絶対的な価格とギャップを楽しんでいるように思われます。


ユニクロ 原宿店

1998年にオープンしたユニクロ原宿店は、フリースブームの火付け役となり、ユニクロの成長に大きな影響を与えた店舗です。

原宿店のオープン前の宣伝効果と1900円フリースの商品の魅力で、あっという間にユニクロは全国ブランドとしてのし上がりました。

ユニクロ原宿店は当時のユニクロ店舗の中では珍しい都市型店舗で、郊外店のような大きな看板もなく、店の密集した路地のビルの一つに構えられた店舗です。

2007年4月に原宿店はTシャツ専門店「UT STORE HARAJUKU.」に姿を変え、再びオープンしました。これはもともと原宿店が手狭だったことと、好評を得ているTシャツプロジェクトの強化をはかるためです。

Tシャツ専門店「UT STORE HARAJUKU.」は、豊富なデザインと低価格な商品が人気を集め、20代の若者を中心に多くの人が訪れています。国内外の観光客の土産などにも多く利用されています。

原宿はファッション産業が密集し、競合の激しい街です。ユニクロ原宿店はTシャツ専門店に変わった今も、ユニクロが消費者に受け入れられているかを判断する重要な役割を担っています。


posted by ぶら・んど at 21:18 | ユニクロ

ユニクロ デニムとTシャツ



◆ブランドの『 ユニクロ デニムとTシャツ 』を紹介します。◆

ユニクロ デニムとTシャツ


ユニクロ Tシャツ

ユニクロが開発に力を入れている商品の一つにTシャツがあります。

ユニクロは、Tシャツが誰もがどこでも着ることができ、デザインによりオリジナリティが発揮できるという点に注目しました。また今は半そでTシャツを長袖Tシャツの上に重ね着するコーディネートもみられ、季節を問わず需要があるということも重要な点でした。

今までユニクロのTシャツは、すぐにユニクロ商品と分かってしまうデザインや人とかぶってしまう恐れから敬遠する声もありました。

ユニクロではそういった弱点を改善するため、現在は毎年2000種類以上のこだわりをもったデザインTシャツを開発し、数量限定で販売しています。

2007年4月には原宿にTシャツ専門店を出店しました。豊富なデザインと低価格な商品が好評を得ており、20代の若者を中心に多くの人が訪れ、国内外の観光客の土産などにも多く利用されています。今後は国外へもTシャツ専門店の出店が検討されています。

ユニクロ デニム

近年ユニクロは衣料品に限らず、生活雑貨やアクセサリーなどさまざまな商品を扱うようになりましたが、創業より変わらず主要な商品として取り扱われているものがジーンズなどのデニム商品です。

デニムはオールシーズン着用でき、耐久性も優れています。また活動がしやすく、コーディネートがしやすい、履く人によってオリジナリティを発揮できるものでもあります。戦後アメリカから日本へ持ち込まれたデニムは、今や若者のファッションには欠かせないアイテムです。

デニムには常にトレンドがあります。特にジーンズにはストレートやブーツカットなどシルエットも多種類あり、近年のスキニーなどのように新たなシルエットも登場しています。またスタイルをよく見せるものや、加工を加えたものなどデザインも多様化しています。

ユニクロはベーシックなものを中心に多くのジーンズを揃え、同時に美脚ジーンズや他企業との共同企画などジーンズ商品の開発に取り組んでいます。

現在ユニクロのジーンズの販売は一年間で約1万本だといわれていますが、これは業界に中でも大きなシェアを誇る数だといえます。



posted by ぶら・んど at 19:24 | ユニクロ

ユニクロ ベビーと花粉



◆ブランドの『 ユニクロ ベビーと花粉 』を紹介します。◆

ユニクロ ベビーと花粉


ユニクロ ベビー

ユニクロは2002年8月より、ベビー衣料品の販売を始めました。

ユニクロはそれまで大人向け、子供向けの衣料品を中心に販売していました。そこにベビー服が加わることで全ての世代の衣料品を扱うことになったわけです。

ベビー衣料品の販売を始めたのは「シンプルで機能的なベビー服が欲しい」という顧客の要望に応えるためでした。

ベビー服は新生児、乳幼児向けの肌着やTシャツ、そしてユニクロの得意とするフリース商品などが揃えられています。「安全性とやすらぎ」を商品コンセプトに、デザインはシンプルでベビー服ならではの安全面での配慮もされており、色合いも優しく仕上げられています。

実際、高品質、低価格なユニクロのベビー衣料品は母親たちに評判がよく、売上は当初の予想を大きく上回りました。現在ベビー衣料品を扱う店舗は限られていますが、オンラインショップでも購入することができるため多くの人が利用することができます。

今ではユニクロベビーはユニクロの商品として定着しました。これからも私たちの要望を取り入れた商品が多く開発されることに期待したいものです。


ユニクロ 花粉

ユニクロは近年、花粉症対策衣料品を発売して話題を呼んでいます。

花粉症はスギやヒノキなど、様々な花粉によって起こるアレルギー症状です。

現代、花粉症で悩む人は子どもから大人まで幅広く、国民病といわれるまでになっています。

花粉症の対策には室内に花粉を持ち込まないことが重要ですが、花粉が室内に持ち込まれる原因は、窓やドアからと、外出後の衣類の付着からによるものが大半です。

東レ株式会社が開発したアンチポランは、花粉の大きさと形状を研究し、花粉を付着させにくく、そして繊維の中に入り込みにくい、また花粉が付着しても落ちやすい構造になっています。

ユニクロの花粉ブロックアイテムは、男性用、女性用のパンツ、コート、ウィンドブレーカー、子供用ウィンドブレーカーなどが販売されています。また取扱いはオンラインショップに限られています。

花粉症対策としてだけでなく、日常アイテムとして十分着用できるデザインというのも便利な点です。花粉ブロックアイテムとして着用する時には、少しの外出でも油断しないで着用することが大切です。

ユニクロの花粉ブロックアイテムは、花粉症の辛い時期に、ファッションを楽しみながら乗り切る方法を提案しているのです。


posted by ぶら・んど at 19:22 | ユニクロ

ユニクロ 水着とヒートテック



◆ブランドの『 ユニクロ 水着とヒートテック 』を紹介します。◆

ユニクロ 水着とヒートテック


ユニクロ 水着

ユニクロは2004年に水着の販売を開始しました。

水着の種類は男性用、女性用、子ども用、競泳用などが揃えられました。素材は最大手メーカーの生地を使い、価格はカジュアルブランドにふさわしい1000円から2990円という低価格で設定されており、一般的に女性用水着は6000円〜12000円前後が相場だと考えると、ユニクロの水着は破格だと言えます。

ユニクロの水着開発の主眼と考えられる30代ファミリー層は、比較的実用、定番志向が強い傾向があります。そのため水玉模様やボーダー柄などオーソドックスなデザインで統一し、また母親の女性用と子ども用がお揃いで購入することができるような配慮もみられます。

ユニクロが水着を開発するきっかけとなったのは「もっとカジュアルに水着を楽しみたい」という顧客の要望でした。

しかし一方で、2005年には男児水着の不具合により負傷事故が起き、商品を回収するという事態が発生しています。

ユニクロは水着を始め、新しい市場に参入する中で、これまで以上に商品の品質向上に取りくみ、安全な衣料生活を提供することが求められています。


ユニクロ ヒートテック

ユニクロの人気商品の一つにヒートテックがあります。

ヒートテックとはユニクロが開発した素材で、2003年よりインナー商品として販売されています。

その後化学繊維メーカーである東レ株式会社と提携し、2007年にはユニクロと東レ株式会社の提携商品第二段として、機能性、バリエーション、ファッション性をさらに進化させたヒートテック商品が発売され好評を得ました。

女性向けにはTシャツ、タートルネックTシャツ、キャミソール、ブラキャミソール、ショーツ、タイツなどがあります。男性向けにはクルーネックTシャツ、VネックTシャツがともに半袖、長袖、タートルネックTシャツがあります。また子供向け商品も開発されています。

素材が薄いのに驚くほど暖かく、汗をかいてもすぐ乾く、そしてアウターから見えにくくファッション性にも優れているというヒートテック商品は一度利用したら手放せないという購入者も多く、毎年品切れが発生するほど大好評を得ています。



posted by ぶら・んど at 19:19 | ユニクロ

ユニクロ 生活雑貨とタオル



◆ブランドの『 ユニクロ 生活雑貨とタオル 』を紹介します。◆

ユニクロ 生活雑貨とタオル


ユニクロ 生活雑貨

ユニクロは2007年、それまでの生活雑貨アイテム「HOME」をブランド化し、「HOTELS HOMES」を立ち上げました。

「HOTELS HOMES」は「わが家ホテル」をコンセプトにし、自宅を一流ホテルで過ごすように快適で心地よい場所にすることを提案しています。

「HOTELS HOMES」では「ベッド」「リビング」「バス」「ボディケア」の4つのカテゴリーで展開されています。

「バス」のカテゴリーでは様々な種類のタオルやバスローブ、トイレ用品が扱われています。シンプルで肌触りが良く、耐久性に優れている他、吸水性や弾力もあり品質の良さが感じられるものです。

「ボディケア」のカテゴリーではソープ各種とハンドクリームが扱われています。ソープ類は香にこだわり、天然精油による香の癒し効果が得られるものです。

「HOTELS HOMES」の立ち上げ当初、日常衣料品のイメージが定着しているユニクロが、高級ホテルをコンセプトにした生活雑貨で顧客を得られるのか、業界では注目を集めていました。

販売が始まると、シンプルでおしゃれ、また高級感溢れる商品は顧客の心をとらえ、高い評価を得ています。


<ユニクロ タオル>

近年、ユニクロのタオルが人気を集めています。このタオルはユニクロが近年立ち上げた「ホテルズ ホームズ」という新ブランドの商品で、「ホテルズ ホームズ」は他にもベッド用品、バス用品、リビング用品、ボディケア用品などの生活雑貨を扱っています。

これらの商品は「ホテルズ ホームズ」がブランドとして立ち上がる前には、「HOMES」の商品として販売されていました。

タオルの評判はインターネットなど、口コミで次第に広がっていき、今では品切れが発生するほどの人気です。

タオルは毎日私たちの肌に直接触れるため、快適な肌触りであることが求められます。余計な装飾は肌に触れる時には邪魔になるだけです。

そして繰り返しの洗濯に耐え、肌触りを損ねないために耐久性も重要です。

そこでユニクロはブランド名にあるように「高級ホテルのようなタオル」を目指して開発に取り組みました。試作や改善を繰り返し、ようやく完成したのが現在販売されるタオルなのです。

ユニクロのタオルはシンプルで肌触りが良く、耐久性に優れている他、吸水性や弾力もあり品質の良さが感じられるものです。

ユニクロのタオルは、タオルの原点に立ち返り、本当に必要とされている機能を突き詰めたタオルだといえます。




posted by ぶら・んど at 18:54 | ユニクロ

ユニクロ カシミヤとフリース



◆ブランドの『 ユニクロ カシミヤとフリース 』を紹介します。◆

ユニクロ カシミヤとフリース


ユニクロ カシミヤ

ユニクロの人気商品の一つにカシミヤがあります。2003年秋より始まったカシミヤ商品の販売は、毎年新しい色合いやデザインも登場しています。特に従来はベーシックなデザインに限られていましたが、近年ではトレンドを取り入れたファッション性の高い商品も揃えられています。

カシミヤとはカシミヤ山羊のうぶ毛のことで、最高級の天然素材です。しなやかで軽くて暖かい、また上品な光沢をもつカシミヤは世界中で愛されています。カシミヤは1頭からほんのわずかな量しか取り出せません。その量は羊毛の800分の1と言われています。セーターを1枚編むためには約4頭分、コートでは約30頭分の原毛が使われるといいます。このような希少性から「繊維の宝石」と言われるほど貴重な素材なのです。

ユニクロのカシミヤは正真正銘カシミヤ100%の素材を使用した品質の高いもので、有力メーカーとの直接交渉により低価格を実現しています。

ユニクロのカシミヤは毎年高い評価を得ており、毎年品切れが発生するほどの売れ行きです。これまで高級品で手の届かなかったカシミヤは、ユニクロによって多くの人に身近な存在となりました。ユニクロは1998年にフリースの大ブームを起こしていますが、カシミヤもまたユニクロによって革命がもたらされたと言えます。


ユニクロ フリース

1998年ユニクロで発売されたフリースは、日本中にフリースの大ブームを巻き起こしました。

フリースとはポリエステルの繊維を起毛して作られた素材で、軽くて肌触りがよく、保温性に優れ、洗濯しても乾きが早いという特色があります。

ユニクロは当時このフリースを1900円という低価格で発売し、1998年には200万枚、1999年には850万枚という驚異的な枚数を販売しました。それまでに着々と店舗数を増やしてきたユニクロは、このフリースの販売によって、一躍全国的な人気ブランドにのし上がったのです。

ユニクロは顧客の欲しがっている商品に限定して品揃えをし、自社で大量生産、大量販売することによって低価格を実現する方法を行っています。顧客の感性を見抜き、顧客のニーズを確実に掴んだことがフリースの大量販売を成功させたといえます。

ユニクロはフリースの爆発的なブームの後、一時業績不振に陥った時期もありましたが、さまざまな改革によって再び勢いを持ち直しました。

現在でもユニクロはフリース製品の研究を重ね、肌触りや防寒性、また毛玉が出来にくい加工や、ポケットの耐久性、首もとのフィット感など、細部まで配慮した商品を開発しています。また色揃え豊富にしたり、リバーシブルやストレッチ、人気ファッション誌とのコラボレートフリースなどの開発など、デザイン性の高いフリース商品も次々と販売されています。


posted by ぶら・んど at 16:02 | ユニクロ

ユニクロ 店舗と障害者



◆ブランドの『 ユニクロ 店舗と障害者 』を紹介します。◆

ユニクロ 店舗と障害者


ユニクロ 店舗

ユニクロは1984年に広島市の第一号店を出店して以来、次々と新しい店舗を出店してきました。

1992年には西日本を中心に50店舗を展開していたユニクロは、1994年には東日本へも進出し、100店舗以上の出店を果たしています。それ以降は年間50店舗のペースで出店し、2000年2月には390店舗余りに増加しました。それ以降は年間100店舗ペースで出店し店舗数を増やしてきました。

2007年には国内店舗数は720を超えた他、中国、韓国、アメリカ、イギリスにも進出を果たしています。

かつてユニクロの店舗はどこも同じ店構えで、同じ商品を同じ時期に扱っていました。この方法によりユニクロは大量販売を成功させてきたのです。

近年でも基本的な方法は変わらないものの、2005年10月に出店した銀座店では、銀座という土地に合わせた店構えやインテリアを施し、従来の店舗とは違った雰囲気を作り出しています。また銀座店の特別商品も扱うなど、商品にも店舗により変化がつけられています。

今やグローバル企業となったユニクロは従来の店舗方式にとらわれず、顧客のニーズに応えるために、時代に合わせた店舗展開が行われています。


ユニクロ 障害者

ユニクロは積極的に障害者雇用に取り組んでいる企業の一つです。

日本では障害者雇用促進法によって企業の障害者雇用が義務つけられており、業種や規模応じて法定雇用率が定められています。法定雇用率を満たさない企業は、それに応じた納付金を納めるという選択もあります。

ユニクロは2007年、法定雇用率1,8%に対し7,66%の雇用率であり、これは従業員の5000人以上の企業や公的機関の中で最も高い雇用率となっています。

ユニクロでは一般従業員と障害者をもつ従業員はよい関係を気築いており、障害をもつ従業員は働く意欲と社会参加を実感しているということが調査でも明らかになっています。

現在、ユニクロは全店舗の7割から8割で障害者を雇用していますが、ユニクロが目標にしている一店舗一名以上の雇用はまだ達成していません。

これからも社会貢献する企業として、また店舗のサービス向上のために、さらなる障害者雇用への取り組みが期待されています。



posted by ぶら・んど at 16:00 | ユニクロ

ユニクロ オリンピックとチームウェア



◆ブランドの『 ユニクロ オリンピックとチームウェア 』を紹介します。◆

ユニクロ オリンピックとチームウェア


ユニクロ オリンピック

ユニクロは2002年ソルトレークシティで開催されたオリンピック冬季競技大会で、初めて選手の公式服装の製作、無償提供を担当しました。

そしてソルトレークシティに続き、2004年アテネオリンピック競技大会でも再び公式服装の製作、無償提供を担当しています。

ユニクロは以前より日本オリンピック委員会(JOC)の協賛企業としてオリンピックを応援してきました。数ある日本企業の中から、ユニクロがオリンピックの公式服装製作という重役を担うことになったのは、それまでにユニクロが築き上げてきたカジュアルブランドとしての実績が評価されたといえます。

しかし2006年トリノオリンピック冬季競技大会では、ユニクロはJOCの協賛企業からはずれ、同時に公式服装の担当からも外れました。

公式服装の担当から外れた理由は、ユニクロによると「2回のオリンピック大会で全てやり尽くした」とのことですが、一方ではユニクロとJOCとの間の複雑な事情や、その他の様々な理由が推測されています。


ユニクロ チームウェア

ユニクロは2001年よりチームウェア事業を開始しています。

ユニクロのチームウェア事業は、ユニクロ商品に刺繍やプリントを入れ、チームや団体メンバーがお揃いで着用するウェアを製作する事業です。

チームウェアを作る最大の目的は、チームの団結力を高めるということです。スポーツチームや学校際などでは団結力は欠かせません。またチームウェアはイベントの雰囲気を盛り上げる効果もあり、イベントをいっそう楽しいものにする手助けになります。

これまでに企業のユニフォームを始め、学校の部活動やサークル活動、学校際などでの着用を目的に、多くのチームがユニクロでチームウェアを製作しています。

ユニクロチームウェアの特色は、カジュアルブランドとして信頼のあるユニクロの商品を基本に製作するため、品質面、価格面の両面において信頼できるという点です。また近年のユニクロ商品はベーシックでありながら、ファッション性にも優れているため、年代を問わずチームウェアとして着用できる点も魅力です。

低価格で高品質なユニクロ商品は、多くの人が既に日常着で着用して着心地も馴染みがあるものです。失敗が許されない大切なチームウェア任せるのに適したブランドといえます。

カジュアルブランドとして信頼を築いてきたユニクロは、チームウェア事業においても今後が期待されています。


posted by ぶら・んど at 15:58 | ユニクロ

ユニクロ 就職とボランティア活動



◆ブランドの『 ユニクロ 就職とボランティア活動 』を紹介します。◆

ユニクロ 就職とボランティア活動


ユニクロ 就職

ユニクロはグローバル企業として、日本を超え世界で躍進を続ける現在、就職を志望する若者が多くいます。

就職活動を控えた大学3年生を対象に行った就職人気企業ランキングで、ユニクロを展開するファーストリテイリングは2006年度に118位、2007年に135位という順位となっています。これは人気が低迷している繊維、アパレル業界の中では上位になります。

学生がユニクロに就職を志望する理由の一つに、完全実力主義であることが挙げられます。完全実力主義の企業の中では自分の能力と成果が正当に評価されます。年齢、性別、国籍、入社年度の差別が無く、チャンスが平等に与えられるという面で、やりがいがもてるという印象を学生に与えています。

2007年4月から転居のない異動を前提とした地域限定正社員制度が導入されました。また店舗で接客や販売にあたるパートタイマーと契約社員の一部で正社員登用も行われています。

人材確保が急がれる中、学生など若者の就職はユニクロにとっても優秀な人材を確保する最も重要な機会といえます。ユニクロがさらなる成長を遂げるためには、優秀な人材を確保し、商品やサービスを向上させることが求められています。


ユニクロ ボランティア活動

カジュアル衣料品ブランド、ユニクロを展開しているファーストリテイリングは、2004年9月に「ユニクロボランティアクラブ」を立ち上げました。これは従業員が自主的に社会貢献活動に参加するためのボランティア組織です。そして2007年7月にはそれまで限られた地域で行われていたボランティア活動を、ユニクロ店舗がある全地域に広げ、より多くの従業員がボランティア活動へ参加できるようにしました。

ユニクロが取り組むボランティア活動の一つに、スペシャルオリンピックスの支援活動があります。

ユニクロは以前から企業として障害者雇用に積極的に取り組んでおり、特に障害者の中でも知的障害者を多く雇用してきました。現在も多くのユニクロの店舗で障害者が働いています。スペシャルオリンピックスのボランティア活動は、一般従業員が障害者従業員への理解を深めるためにも意義のある活動です。

また、他にもユニクロ商品を国内外の孤児院や児童福祉施設へ寄贈したり、販売に使用した絵本を幼稚園や学校、福祉施設などへ寄贈するなど、さまざまなボランティア活動を行っています。

ファーストリテイリングはボランティア活動を通じて多くの人の手助けとなり、企業の理念である「社会貢献」を実行しているといえます。




posted by ぶら・んど at 15:57 | ユニクロ

ユニクロ ショッピングバッグと靴



◆ブランドの『 ユニクロ ショッピングバッグと靴 』を紹介します。◆

ユニクロ ショッピングバッグと靴


ユニクロ 靴

カジュアルブランド、ユニクロを展開する株式会社ファーストリテイリングは、近年靴小売業への参入を果たしています。

既に定着した人気を集めるユニクロが靴小売業へ参入したのは、靴小売の大手である「株式会社ワンゾーン」を完全子会社化したことから始まりました。

靴はブランド依存が強い商品であり、衣料品と異なる面が多くあります。ユニクロが衣料品で成し遂げた方法が、靴で通用するのか、課題も多くあり今後に注目がされています。

近年ではユニクロの新規店舗に、「フットパーク」を併設する試みがされています。カジュアルブランドとして幅広い年代に支持されているユニクロの集客率を利用し、衣料品とコーディネートした靴の購入など、相乗効果が期待されています。またユニクロブランド効果により、高レベルで低価格な商品の販売に期待がされています。


ユニクロ ショッピングバッグ

近年、二酸化炭素の排出による地球温暖化問題が深刻化する中、カジュアルブランドとして幅広い年代から支持を集めているユニクロでも、積極的に環境問題への取り組みを行っています。

最近では購入者が商品を持ち帰るためのショッピングバッグとして、二酸化炭素の排出を削減する「環境配慮型ショッピングバッグ」を全店舗へ順次導入していくことを決定しています。

このショッピングバッグは東京理科大学の阿部正彦教授とイーベーシック社が開発した超微細技術(ナノテクノロジー)を活用して作られたものです。

近年、ショッピングバッグの取り組みは日本中に拡がっています。大手スーパーではレジ袋の有料化を実行する店舗もみられ、消費者も買い物袋を持参するなど意識の変化がみられます。

ユニクロの取り組む「環境配慮型ショッピングバッグ」の導入は、世界でもはじめての試みと言われています。
環境問題への取り組みは、それぞれできるところから始めることが大切ですが、ユニクロは身近なショッピングバックを通じて環境問題に取り組んでいます。


posted by ぶら・んど at 14:43 | ユニクロ

ユニクロ 浴衣とクールビズ



◆ブランドの『 ユニクロ 浴衣とクールビズ 』を紹介します。◆

ユニクロ 浴衣とクールビズ


ユニクロ 浴衣

ユニクロは2003年より女性物の浴衣の販売を始めました。そして2005年からは男性向けと子ども向けの浴衣も発売されるようになりました。

もともとユニクロが浴衣の販売を始めたのは、「もっと気軽に楽しめる浴衣が欲しい」という顧客の要望に応えるためでした。

ユニクロではそれまでカジュアルブランドとしてフリースやデニムなどを中心に販売され、日常着のイメージが定着していました。日本伝統の衣類である浴衣は、ユニクロのイメージとかけ離れているため、発売当初は果たして顧客に受け入れられるものか注目を集めていました。

しかし百貨店や呉服店で浴衣を一式揃えると4万から5万円、低価格な物でも1万円前後はかかります。若者にとって浴衣は値段も高く、手入れも着付けも面倒なため、一度は着てみたいと思っても現実に購入するまでには至っていませんでした。
若者の身近な存在であるユニクロが、低価格で品質の良い浴衣を販売したことによって、若者は洋服を購入する感覚でユニクロの浴衣を購入し、浴衣を身近なものに感じるようになりました。

ユニクロは日本の伝統である浴衣文化の継承に一役買ったといえるでしょう。


ユニクロ クールビズ

ユニクロは暑い夏を快適に過ごすために、クールビズアイテムの開発に積極的な取り組みを行っています。

クールビズとは夏のオフィスのエアコン温度設定を28度にしても、快適に、そして格好良く働くことができるビジネススタイルの愛称です。2005年春より環境省の地球温暖化対策の一つとしてクールビズを推進する運動が始まりました。

日本では世界に約束した温室効果ガス排出6%の削減目標を達成するために、「チーム・マイナス6%」という国民的プロジェクトを立ち上げています。

多くの人がクールビズを取り入れることで、大きな二酸化炭素の排出削減が期待できるのです。

ビジネスマンの代表的なクールビズファッションはノーネクタイスタイルです。それまで暑い夏でも上着にネクタイが常識だったビジネスマンの多くは、当初は戸惑う人が多かったようですが、今日では日本中にクールビズスタイルとして定着しています。

ユニクロはネクタイがなくてもだらしなく見えないシャツや、汗をかいてもすぐ乾く機能、抗菌防臭機能を持った衣料などを次々と開発し、エアコンに頼らなくても快適に過ごせる商品を販売することで、「チーム・マイナス6%」に参加しています。


posted by ぶら・んど at 14:41 | ユニクロ

ユニクロ CMと藤原紀香



◆ブランドの『 ユニクロ CMと藤原紀香 』を紹介します。◆

ユニクロ CMと藤原紀香


ユニクロ CM

ユニクロは近年テレビCMを利用した宣伝活動にも力をいれています。

最近話題を集めたCMに、タレント佐藤江梨子さんと俳優松山ケンイチさんを起用した女性用デニム商品Wide Leg JeansのCMがあります。

このCMのイメージキャラクターである佐藤江梨子さんは、抜群のプロポーションと自分らしさを貫く姿勢で幅広い年代から好感をもたれているタレントです。脚長美脚スタイルを特長とするWide Leg Jeansのイメージにぴったり当てはまるタレントだと言えます。その佐藤江梨子さんの恋人役として選ばれた松山ケンイチさんは、特異な存在感が若い世代に影響を与えている俳優です。

テレビCMの公開と同時に、テレビでは見られない特別編がユニクロウェブサイトで公開されました。テレビCMにはなかった感動シーンや台詞のない音楽だけのドラマの展開にユニクロやテレビ局へ問い合わせが殺到したということです。

CMの反響と同時にCMソングへの問い合わせも殺到し、CMソングを歌っているシンガーソングライター熊木杏里「朝日の誓い」が一躍注目を集めました。

反響が大きかったこのCMについては、シリーズ化を含めて今後が検討されているということです。


ユニクロ 藤原紀香

ユニクロは2003年のよりタレントの藤原紀香をCMに起用しています。

有名タレントである藤原紀香を起用したのには、当時ユニクロの売上が落ち込んでいたことが理由の一つにあります。

ユニクロは1998年に1900円フリースの爆発的なヒットによって、カジュアルブランドとしての地位を確立しました。

そこで業績建て直しのための様々な試みが行われました。その一つが当時幅広い年齢層に絶大な支持を集めていたタレントの藤原紀香です。

藤原紀香は元ミス日本グランプリ受賞者で、抜群のプロポーションと関西弁の親しみやすさで、男女を問わず人気を集めていました。数多くの企業CMにも出演し、「CMの女王」と言われる時期もあったほどです。CMタレントの好感度ランキングでも、1999年、2000年には1位を記録し、既に藤原紀香をCMに起用していたJ‐PHONは大きく売上を伸ばしたといわれます。

ユニクロはさまざまな試みの結果、2004年には再び業績を持ち直すことに成功しましたが、藤原紀香の起用も成功に結びつけた一つだといえます。




posted by ぶら・んど at 14:38 | ユニクロ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。