==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


アクセサリー /  ファッション /  キッチン /  スポーツ /  時計 /  ジャケット /  ブーツ / 
文具 /  各種ブランドの紹介 /  カバン・バッグ /  ユニクロ /  アバハウス /  キャサリンハムネット /  補修・基礎 下着 / 
レベッカ テイラー /  MZウォレス /  ケイト スペード /  スワロフスキー /  プレッジ /  雨具 /  スポーツ関係 / 

プーマゴルフ



◆ブランドの『 プーマゴルフ 』を紹介します。◆

プーマゴルフ


プーマは人気のあるスポーツ用品メーカーで、サッカー用品などが世界的に有名です。

プーマゴルフはゴルフクラブは作っていないようですが、その代わりにゴルフやその他のスポーツの各カテゴリーの商品を多く作り出荷しています。

代表的なものには、スポーツウェア、カジュアルウェアをはじめとして、ゴルフシューズ、ゴルフウェア、ゴルフバッグ、ベルト、グローブなどのスポーツ用品を手がけています。

プーマのゴルフ用品は一目でプーマとわかる鮮烈なデザインで雰囲気が統一されており、他のメーカーとは一線を画すところが人気の秘密かもしれません。

お馴染みのプーマのマークが入っていて一見するとワンパターンのように見えますが、なぜか惹きつけられる魅力があります。

時代や流行を先取りする先進性を感じるからでしょうか。

プーマのロゴマークは、その昔から世界中で広く知られています、プーマという名前はアメリカライオンのピューマから命名されたものですが、プーマの商品ロゴマークとして描かれている動物はピューマではなく、本当はチーターのシルエットとなっています。

2006年モデルのプーマカートバッグ882020(ゴルフバッグ)などは、今年のモデルよりも人気が高く探している人も多いようです。

プーマの製品は人をマニアックにするようです。

プーマの創設者は、アディダスの創設者と兄弟であるという話は有名だそうです。

プーマは、1924年にアドルフとルドルフのダスラー兄弟が体育館で使用するシューズを開発したことが始まりだと言われています。

1925年には、地元ドイツヘルツォーゲンアウラッハの体育協会がプーマに対し1万足を発注した事により、大きな利益を上げることができ、工場を大きくすることが可能になって、順調に成長していったのです。

売り上げが上がっていきましたが、その後アドルフとルドルフは兄弟喧嘩をしてしまい、1948年に独立。

アドルフは、アディダス。

ルドルフはルーダーを設立。

そのルーダーが1949年からプーマというブランドに生まれ変わりました。






posted by ぶら・んど at 22:41 | スポーツ

ラコステ



◆ブランドの『 ラコステ 』を紹介します。◆

ラコステ

ラコステは、言わずとしれたワニのロゴマークで有名なスポーツブランド

胸のワンポイントロゴを刺しゅうしたポロシャツが有名ですが、実は、ワンポイントロゴの刺しゅうも、ポロシャツを作ったのも、そのラコステが初めて。

1933年に、アンリ・コシェ、ジャン・ボロトラ、ジャック・ブルニョンとともに四銃士と呼ばれたテニスプレイヤー・ルネ・ラコステによって創業されました。

その粘り強いプレイ・スタイルからルネ・ラコステが『The Alligator』や『Crocodile』と呼ばれていたため、ワニの絵がトレードマークになっています。

テニスウェアはもちろん、ルネの娘がプロゴルファーということもあり、ゴルフウェアも種類が豊富。

創業70年以上を誇る老舗ブランドだけに団塊の世代への根強い人気だけじゃなく、最近では、日本国内での製造・販売をしている(株)ファブリカがさまざまなデザインのものも製造・販売し、若者にも密かな人気です。



posted by ぶら・んど at 18:39 | スポーツ

リーボック



◆ブランドの『 リーボック 』を紹介します。◆

リーボック

リーボック(Reebok International Limited)は陸上選手でもあった創業者のジョセフ・ウィリアム・フォスターが自身の足に合ったスパイクを制作したのが始まり。

1900年には「J・W・フォスター社」を設立し、同社が制作したスパイクを履いた陸上選手らがロンドンオリンピックで大活躍を遂げ、一躍有名となった。

1958年には社名をリーボック(reebok…アフリカに棲息する大鹿、ガゼルのこと)に変更し、陸上だけでなく、他競技用のスパイクやシューズも開発する。

イギリスの代表的なスポーツ用品メーカー。

アメリカではナイキに次いで2番目のシェアを誇る。

1979年にアメリカに進出。

1982年に出されたエアロビクスシューズ「フリースタイル」がヒットしたことにより、全米に浸透。

1986年にはアメリカのメーカーを差し置いて、トップシェアを獲得した。

後にアメリカではイメージ戦略を全面的に押し出すナイキに後塵を拝するが、技術の高さや機能性を全面的に押し出し、現在に至る。

しかし2005年にはドイツのアディダス社に買収される。

日本においては1980年代後半に大ブームを巻き起こしたものの、現在の日本でのシェアは4位〜5位である。

これは日本ではシューズは機能性や技術よりファッション性が高いため、リーボックの戦略に合致していない点、リーボックが日本をさほど重要なマーケットに置いていない点などがある。

また、技術や機能性という点では日本のメーカーであるアシックスやアメリカのニューバランスの方がイメージが強い。

主な契約選手はバスケットボールではアレン・アイバーソン(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)、その他多数の選手、サッカーではライアン・ギグス(マンチェスター・ユナイテッド)、ティエリ・アンリ(アーセナル)、アンドレイ・シェフチェンコ(チェルシー)、イケル・カシージャス(レアル・マドリード) などがいる。




posted by ぶら・んど at 14:30 | スポーツ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。